弘南バス 10407-2


弘南バス 10407-2/いすゞU-LV324L+富士重工業(7E)

東武鉄道中古車で東武時代の社番は2203です。
京急に次いで早期から低床化の実現に取り組んでいた
東武は、いすゞ自動車及び富士重工業の協力を得ながら
1992年、2203・2204の2両のワンステップ車を完成させ
足立営業所へ投入、以来2両は2003年まで活躍しました。
2003年に2203・2204共に弘南バスへと移籍を果たして、
うち、2203は10407-2として弘前営業所へと配置されて
一方、2204は10408-3として五所川原営業所へ配置され
それぞれが新天地青森にて長らく活躍を続けて来ました。

この時期いすゞでは既に東京都交通局向けに開発された
都市型超低床バスをベースとしたワンステップ車である
U-LV870Lを正式にラインナップへと追加していますが、
そちらがエンジンを全長の短いV型8気筒に変更した上で
右側に寄せて搭載するなど特殊な構造をとったのに対し、
こちらは京急が投入した日野のワンステップ車と同様に
ツーステップ車のエンジンやリアアクスル等はそのまま
フロントアクスルのみ変更して前方だけ低床化したため
既存のツーステップ車と極力部品を共通化した低価格な
ワンステップ車の投入を実現したことが大きな特徴です。

なお東武では当時、配置される営業所によって扉配置が
後折戸、中折戸後折戸、中引戸と分けられていましたが
ワンステップ車は元々中引戸が主力であった足立営業所へ
主に配置されたため、さほど違和感なく活躍していました。
(1995年式2439・2440は大宮営業所と葛飾営業所へ配置)。

車体は7Eを架装しますが他車との差別化のためか、前面は
中央の腰板が刳りぬかれ行灯状の樹脂版が張られている他、
両端の腰板には樹脂製の窓が設けられているのが特徴です。
但し、10407-2は移籍時に右端腰版の窓は板金で塞がれて
左端だけが東武時代の原型を留める状態となっています。
これに伴い前面のウィンカーはバンパーに設置されたため、
バンパー両端にウィンカーを収める窪みが設けられました。

扉配置は前述の通り都区内向けの中引戸とされていますが
側面窓には黒サッシでヒドゥンピラーの逆T字窓が奢られ、
当時南関東で見られた都市新パス専用車の如き雰囲気です。
行先表示機のうち側面行先表示機は投入時に塞がれており
前面行先表示機は当初は既設のものを使用していたものの
故障したため下部に新たな前面行先表示機を設置しており
この辺りは他事業者では見られない珍しい改造でしょう。

車内は、前述の通り中扉より後方が段上げされている他、
前方でも座席部分の床が段上げされているのが特徴です。
なお、弘南では前乗り前払いで中扉は通常使用しないため
中扉の内側には新たに仕切り棒が追加されただけではなく、
後方通路へのスロープも追設されていることが目立ちます。
床材、内張り、座席表皮は当時の東武の標準的仕様ですが
座席はハイバックシートが奢られているのも目を惹きます。
これも他事業者の都市新パス専用車辺りの影響でしょうか。

また前述の前面腰板部に設けられた樹脂製の窓の内側は
前扉のドアエンジン部分のパネルの形状を変更した上で
運転席から左前方下部が窓を通し見える様になっており、
この窓が視野拡大の役割を果たしていたことが解ります。

我が国における低床化の黎明期の努力を後世に伝える、
貴重な車として注目されるところとなっています。

カテゴリー: 弘南バス | コメントをどうぞ

交通画報Vol.4(コミックマーケット94)

コミックマーケット93当選しました。
3日目(8月12日)東地区P-13a「インフラ研究会」です。

今回頒布致します冊子「交通画報Vol.4」(A5版24p)は、
「関鉄グリーンバス石岡営業所② RJを探して」と題しまして、
関鉄グリーンバス石岡営業所の一般路線車のうち前号で扱えなかった
トヨタ車、日野車、三菱車を概説致しました。
頒布価格は600円とさせていただいております。
既刊も含めた頒布物の一覧は以下の通りです。

交通画報Vol.1 既刊(A5版20p 500円)
交通画報Vol.2 既刊(A5版32p 800円)
交通画報Vol.3 既刊(A5版28p 700円)
・交通画報Vol.4 新刊(A5版24p 600円)
ウッヂの市電とインターアーバン 委託(B5版44p 1000円)

当日は売り子としてサークルスペースにおりますので、
是非とも足を運んで頂ければ幸いに存じます。
当日の状況は、Twitterにて適宜告知したいと思います。
おいでの際はお声をお掛け頂ければと思います。

「交通画報Vol.4」 正誤表

このたびは「交通画報Vol.4」をお求め頂き誠にありがとうございます。
「交通画報Vol.4」に以下の誤りがございましたので、
ここに訂正させて頂きますとともに深くお詫び申し上げます。

・p15右段
 (誤)末尾に一文追加→
 (正)1902Gは2018年に廃車となった。
・p19右段
 (誤)1995年式のG035→
 (正)1995年式のG036

カテゴリー: イベント情報 | 1件のコメント

関東鉄道 9477TC


関東鉄道 9477TC/いすゞPJ-LV234N1+J-BUS(ERGA)

京成バス中古車で、京成バス時代の社番はE277です。
2006年に江戸川営業所へ投入されて以来、同所で活躍、
廃車後は関鉄へ移籍を果たし、2018年に9477TCとして、
土浦営業所へ投入され新天地での活躍をはじめました。
都下の江戸川営業所および金町営業所では引き続き
ホイールベース5.3mでノンステップ仕様の標準尺車の
増備が進み、千葉県下の営業所とは差別化されています。

外観はメーカーのマイナーチェンジによる変更がなされ
クーラーがサーモキング製からデンソー製に変わって
屋根上のパッケージクーラーの形状が変化したことや、
エンジンがV型8気筒から直列6気筒に変わったためか
側面後方の開口部が左側から右側へと移されたこと、
2006年に施行された、灯火器保安基準の改正を受けて
側面下部に反射材が配されたこと等が目立つところです。
また京成時代に追設されたデイライトも目を惹きます。
側面行先表示機に矢印のシールが追加されているのは
江戸川営業所出身の車でよく見られる仕上がりです。

車内は内張りが白灰色とされたのは、従来通りですが
床が濃灰色の平滑なものへと改められているがために
当車は、国土交通省が2004年に発表した仕様に基づく
国土交通省認定ノンステップバス標準仕様を採用して
その旨を示す車外ステッカーも青色となっていますが、
後の「標準仕様ノンステップバス認定制度における
2005年以降標準仕様への改正」(ステッカーは緑色)
を先取りしたような雰囲気なのが特筆されています。
尤も座席表皮が同改正に対応した車で採用されている
水色系の派手な柄物となったのは後天的なものであり
新製時は全席が従来通り桃色の柄物となっていました。

座席配置については2004年式で省略されていたはずの
左側の前輪タイヤハウス上の座席が復活を果たしており
左側前半は前向き1人掛1列と横向き2+2人掛とされて、
中扉を挟んで後半は、従来通り前向き2人掛4列のまま、
右側については前向き1人掛5列と前向き2人掛4列とされ、
このうち2~5列目は車椅子固定に備えた折畳座席です。

2017年以降は京成からPJ-代の移籍が相次いでおり、
時代の変化をいやがおうにも強く感じるところです。

【諸元】
登録番号:土浦200か1641
年式:2006
型式:PJ-LV234N1
機関:6HK1-TCC(7790cc 260ps/2700rpm)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ