関東鉄道 2140RG


関東鉄道 2140RG/いすゞSKG-LR290J2+J-BUS(ERGAmio)

2017年に投入された、2139RG・2140RGの2両は、
フルモデルチェンジ後の新型エルガミオとなりました。
新型エルガミオは先行してフルモデルチェンジした、
エルガと同じくノンステップ車のみに集約されており
今回の2両はもちろんノンステップ車となっています。

全長とホイールベースが変更されたエルガと異なり
全長とホイールベースは、先代から変わりませんが
フロントのアプローチアングルは10°から10.6°になり
ノンステップ仕様ながら走破性が向上されています。

フルモデルチェンジを前に既に直列4気筒5.193lへ
ダウンサイジングされたエンジンもそのままですが、
トランスミッションはフォワード用のスムーサーFxを
設定変更した機械式AT(AMT)のみの設定とされ
MT仕様・トルクコンバーター式AT仕様はありません。

セレクターはスムーサーFxと殆ど同じ形とされており
変速機もギア比も含めスムーサーFxと同じものです。
燃料タンクが乗降口側前輪タイヤハウス上に移って
給油口が腰板部から側面窓部へと移されたことで、
作業性が向上したのもエルガと共通の特徴です。

エルガと同様に、フォワード用のパーツを流用して、
4灯から2灯へ変更されたヘッドライトが目立ちます。
またフロントウィンカーが従来の規格品ではなくなり、
ヘッドライトハウジングから独立したことも共通です。
このように意匠は基本的にはエルガと同じですが、
前面腰板部のパネルに点検蓋が設けられたため
ヘッドライト間に分割線が入るのが違いとなります。

白色のLEDデイライトや濃色ガラスの側面窓など、
仕様は近年の関鉄の標準仕様を踏襲しているため
エルガと同じく側面行先表示機が戸袋窓部ではなく、
戸袋窓の前方へ移動していることは注目されます。
また標準仕様ノンステップバス認定制度における
2015年以降標準仕様への改正に対応したために
ステッカーが緑色から桃色のものに変わった他、
ベビーカーマークが前面・側面に貼付されました。

座席配置も従来通りラッシュ型とされていますが、
前輪タイヤハウス上の座席や横向き座席が消えて
乗降口側前半は前向き1人掛のみ2列へと変わり、
後半は前向き1人掛2列・前向き2人掛1列のまま
非常口側は前向き1人掛6列・前向き2人掛1列で、
メーカー標準仕様とは異なり非常口側についても、
前輪タイヤハウス上の座席が省略されています。
非常口側の3・4列目は折畳座席とされています。
座席は樹脂製シートバックのメーカー標準品に代え、
従来同様の金属製シートバックのものとされました。

今後は中型車の主力として増備が進むものと思われ
これからは他営業所への配置が期待されるところです。

【諸元】
登録番号:土浦200か1551
年式:2017
型式:SKG-LR290J2
機関:4HK1-TCH(5193cc 240PS/2400rpm)
ホイールベース:4.4m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9423ED


関東鉄道 9423ED/いすゞKL-LV280L1+いすゞバス製造(ERGA)

京成バス中古車で京成時代の社番は5198です。
2004年に千葉営業所に投入されたいすゞ大型車、
5198・5199・5200・5201の4両のうちの1両で、
全てホイールベース4.8mのワンステップ車です。
2008年に市川営業所へ4両揃って転入しており、
うち5198は、併せて2118へと改番されています。
2015年、2118は新都心営業所へと更に転入して
4101へ改番、企業輸送用の特定車になりました。

廃車後は関鉄へと移籍、2016年に9423EDとして
竜ヶ崎営業所江戸崎車庫へと配置されています。
同時に投入されている9424ED・9425EDと共に、
東洋大牛久中高の特定車として運用されており、
うち9424EDは上述の千葉営業所での遼車5199で
こちらは市川営業所への転入で2122となった後に
新都心営業所への転入で4102となっていました。
9425EDも同じく京成バス中古車で元2245です。

移籍に際して白色地に青色の帯が配されている
専用のシンプルな外装へと改められていますが、
これは京成時代の塗装はそのままとされた上で
ラッピングを施すことによって仕上げられたもので
バンパー等は京成時代の紺色のままであるため
文字通り異彩を放つ仕上がりなのが目を惹きます。

車内は概ね京成時代のままで特定車であるため
運賃箱等ワンマン機器の搭載は行われていません。
座席配置も当然ながら京成時代のままとされており
まず左側前半が前向き1人掛1列と横向き2+2人掛、
中扉より後半が前向き1人掛2列と前向き2人掛2列、
右側が前向き1人掛7列と前向き2人掛2列とされて
非常口側の4・5列目は折畳座席とされています。
座席表皮は全席群青色の派手な柄物とされました。

特定車であるため乗車する機会はなさそうですが
それだけに気になる存在となっていますね。

さて、おかげ様をもちまして、拙ブログ「1821TC」は
2007年の開設から10周年を迎えることができました。
これもひとえに日頃より拙ブログをご覧頂いている
皆様のご支援の賜物と心より感謝いたしております。
今後ともご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

【諸元】
登録番号:土浦200か1479
年式:2002
型式:KL-LV280L1改
機関:8PE1-N(9880cc 240ps/2100rpm)
ホイールベース:4.8m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9413MT


関東鉄道 9413MT/KK-LR233J1+いすゞバス製造(ERGAmio)

京成バス中古車で、京成時代の社番は2243です。
2003年、市川営業所へ投入されたいすゞ中型車、
2237・2238・2239・2240・2241・2243のうちの1両で
2015年、社番はそのままで奥戸営業所へ転入して
2016年開業の台東区循環バス「ぐるーりめぐりん」の
訓練用などに使用された後、廃車となっています。
2016年、関鉄へ移籍、水戸営業所へ投入されました。

ワンステップ仕様のため、当然低床塗装を纏っており
側面窓周囲の黒色塗装もしっかりと入れられていて
同じ京成中古車の7020TCとは似た仕上がりですが
京成時代に取り付けられた青色LEDのデイライトが
塗装とよく合っていて目を惹くところとなっています。

車内は、内張りが灰色一色で落ち着いた雰囲気で
床は通路部が平滑な濃緑色の床材張りとされており
それ以外は平滑な緑色の床材張りとなっています。

座席配置は往年の京成らしく前輪タイヤハウス上に
消火器置き場を兼ねた荷物置き場があるために、
左側前半は、横向き2+2人掛のみとなっています。
左側後半は前向き1人掛2列と前向き2人掛1列で
右側は前向き1人掛7列と前向き2人掛1列とされて、
右側のうち4・5列目は、折畳座席となっています。
従って座席配置も同年式の7020TCと同様ですが、
座席表皮は全席、桃色系の柄物なのが特徴です。

握り棒は乗降口付近が黄色の緩衝剤巻きとされて、
それ以外は黒色の緩衝剤巻きとされています。
またクラリオン製のLCD表示器CM-2654Aを装備し
それに伴って停留所名表示器は省略されています。

近年、中型の中古車が立て続いて投入されている
水戸営業所にあって目を惹く存在となっています。

【諸元】
登録番号:土浦200か1454
年式:2003
型式:KK-LR233J1
機関:6HHS(8226cc 225ps/2900rpm)
ホイールベース:3.4m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ