関東鉄道 9486TC


関東鉄道 9486TC/三菱PJ-MP37JM+三菱ふそうバス製造(AeroStar)

京成バス中古車で、京成バス時代の社番は3384です。
2006年に松戸営業所へ投入された3384・3385の2両は
同所では1999年式3359、2006年式3379・3380以来の
ノンステップ仕様の大型車であり、目立つ存在でした。
廃車後は関鉄へ移籍を果たし、2018年に9486TCとして、
土浦営業所へ投入され新天地での活躍をはじめました。
3385も同様に9487TCとして、移籍を果たしています。

外観では2006年施行の灯火器保安基準の改正を受けて
形状が変更されたフォグランプが目を惹くだけでなく
側面にも反射材が配されているところが注目されます。
なお同じ2006年式の3379・3380は投入時期の違い故、
灯火器保安基準改正に対応していないのが差異です。

またマイナーチェンジ前の指定低公害車仕様車と同様、
小さくなった右側最後部の側面窓が特徴といえます。
ヘッドライトの間の青色LEDデイライトは京成時代に
追設されたもので、関鉄の塗装によく似合っています。
また当車は国土交通省が2004年に発表した仕様に拠る
国土交通省認定ノンステップバス標準仕様を採用して
京成時代にはその旨を示す青色の車外ステッカーが
貼付されていたものの、移籍に際し剥がされています。

車内は内張りが白灰色、床が濃灰色の平滑な床材張り、
座席表皮は水色系の派手な柄物が採用されていますが
新製時は全席が従来通り桃色の柄物となっていました。

座席配置は左側前半が前向き1人掛1列と横向き2+2人掛、
そして中扉を挟み後半は前向き2人掛3列となっています。
右側については前向き1人掛6列と前向き2人掛3列とされ、
このうち3~6列目は車椅子固定に備えた折畳座席です。
また国土交通省認定ノンステップバス標準仕様採用で
握り棒の緩衝材が橙色なのが車外からも目立ちます。

一時期は三菱大型車の配置が多かった土浦営業所で、
再び三菱大型車が多く活躍しているのは嬉しいですね。

【諸元】
登録番号:土浦200か1622
年式:2006
型式:PJ-MP37JM
機関:6M70(T6) (12882cc 250PS/2200rpm)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

金剛自動車 和泉230あ1602


金剛自動車 和泉230あ1602/三菱KL-MP35JK+西日本車体工業(B-Ⅰ型96MC)

2004年に投入された自社発注車527・528・623・627は
2003年式の431を踏襲し三菱製のワンステップ車となり
金剛らしく、西日本車体工業製車体が架装されました。

なお金剛では、2005年に2003年以降に投入された車が
上2桁が投入年(和暦)を、下2桁が投入順の通し番号を
それぞれ示す4桁の希望ナンバーへと付け替えられており
この4両は1601・1602・1603・1604へ改番されました。

仕様は基本的に431を踏襲して、引き続き独自性が強く
外観では、銀サッシの逆T字窓の側面窓が目を惹くほか
後面と共通のオージ製DL-90F-940Fの側面行先表示機と
その下段が引き違い窓となる窓割りも目立つところです。

屋根上は前後マーカーランプと前方右寄りの箱型通風器、
ゼクセル製のパッケージクーラー等か搭載されています。
また左側面の前輪のホイールアーチと中扉の間の腰板と
右側面のホイールベース間の腰板にモールが付きます。
テールランプは金剛において伝統的に採用されてきた、
レシップ製SFL-9000を並べた三連テールが奢られます。

前面行先表示器脇に車椅子ステッカーが貼られたこと、
出入口表記の文字が赤色から緑色へ変更されたことが
431と527・528・623・627との変更点となっています。

車内もまた431と527・528は共通の仕様とされていて、
上半分が薄緑色、下半分がレザック紙風の模様入りの
内張りや、草色の滑り止めの突起つきの床材張りの床、
ロールアップカーテン付きの側面窓等が目を惹きます。
座席の背もたれは、ビニール製のカバー付きとされて
カバーは優先席が黄色、一般席が白色となっています。

座席配置はワンステップ車にもかかわらず中扉以降が
三方シートなのが特筆され左側前半は前向き1人掛3列、
中扉をはさんで後半は横向き2+3+1人掛とされており、
右側は前向き1人掛5列・横向き2+3人掛とされました。
また座席表皮は優先席も含め緑色一色となっています。

なお、同じ2004年式でも623・627は座席配置が変わり
左側後半はこれまでどおり横向き座席とされていますが、
右側は全て前向き座席とされたためこの528改め1602が
三方シートが採用された最後の車ということになります。

金剛は小規模ながらこうした独自性が強い仕様をもつ車、
しかも西日本車体工業製車体を架装した車が多数活躍し
南河内地区において、非常に強い存在感を放っています。

カテゴリー: 金剛自動車 | コメントをどうぞ

関東鉄道 2171MR


関東鉄道 2171MR/いすゞ2SG-HL2ANBD+J-BUS(ERGA)

2018年に投入された2170MT・2171MR・2172MR・
2173MR・2174YT・2175TC・2147RGの計7両は、
フルモデルチェンジ後の新型エルガハイブリッドで
特に2017年に取手営業所と水海道営業所を統合して
発足した守谷営業所には、うち3両が配置されました。
先行して投入された東京ベイシティ交通1017と共に
販売が正式に発表される前の投入で注目されました。
特にホイールベース5.3m(N尺)の本型式については、
このロットが市販第一号となり記念すべき存在です。

フルモデルチェンジに伴い先行して販売されていた
日野のブルーリボンハイブリッドの統合車種となり
いすゞが独自に開発した車種ではなくなりました。
ブルーリボンハイブリッド自体は3年前の2015年に
フルモデルチェンジがなされ、以前のモデルである
ブルーリボンシティハイブリットから進化しました。

特にそのパワートレーンは従来から大きく変更され
モーターはこれまでの41kwの交流誘導電動機から、
90kwの交流永久磁石同期電動機へと高出力化され
一方でエンジンはこれまでの直列6気筒で7.7Lから
直列4気筒の5.1Lへ小型化がなされたことをはじめ、
従来は直結されていたモーターとエンジンとの間に
クラッチを設けモーターの動力のみで走行可能とし、
更にモーターとシャフトの間のトランスミッションが
これまでの5速のマニュアルトランスミッションから
6速の機械式オートマチックトランスミッションへと
変更されて、従来よりも低燃費化が図られています。

今回の機械式オートマチックトランスミッションは、
デュトロ用のプロシフトVをベースとしたものであり
セレクターはプロシフトVとほぼ同じ形となっていて
フォワード用のスムーサーFxをそのベースとしている
非ハイブリッド仕様のものとは別物となっています。

バッテリーはブルーリボンハイブリッドを踏襲して
ニッケル水素バッテリーを屋根に搭載していますが、
インバーターが屋根上から右側後輪後方に移設され、
屋根上のバッテリーユニットカバーが小さくなって
全高は0.18m低い3.105mへと、低下が図られました。
屋根上のバッテリーユニット後方にはデンソー製の
電動式のパッケージクーラーが搭載されています。

車体の意匠自体は2015年にフルモデルチェンジ後の
非ハイブリッド仕様のエルガおよびブルーリボンと
共通ですがこのようにパワートレーンは別物のため、
フロントオーバーハングが0.005m長い2.260mとされ
リアオーバーハングが0.125m長い2.865mとなるなど
同じホイールベースを選択しても寸法は異なります。

その他、外観では平成28年排出ガス規制に伴って
実施されたマイナーチェンジによる仕様変更により
ヘッドライトがロービームのみLEDに変わったほか、
関鉄の2018年式の自社発注車からの仕様変更として、
前面行先表示器脇の車椅子マークがステッカーから
白色LEDの電照式へと変更されたことが目立ちます。
塗装やハイブリッドであることを示す各所のロゴは
2101MTを踏襲していますが位置の変更があります。

車内は基本的に近年の関鉄の標準仕様を踏襲して、
内張りは他車と同様に灰色ですが、床については
2018年式のうちこの7両だけの特別な仕様として
濃灰色の木目調の平滑な床材張りとなっています。
座席は関鉄の2018年式の自社発注車からの変更で、
これまでに見られた金属製シートバックのものから
メーカー標準の樹脂製シートバックへと変えられて
座席表皮も優先席が青色地に紺色のハートマークと
黄色のピクトグラムが配されたものへと変更され、
他席も青色地に紺色のハートマークが配されたものへ
変更されて従来より汚れが目立ちにくくなりました。

座席配置はメーカーが設定するラッシュ型ですが、
引き続き前輪タイヤハウス上の座席は省略されて
左側前半は前向き1人掛3列のみで、中扉を挟んで、
左側後半は前向き1人掛2列・前向き2人掛1列とされ
右側は前向き1人掛7列・前向き2人掛1列とされて
このうち1〜4列目が折り畳み座席とされています。

この7両の投入によって、関鉄のハイブリッド車は
総勢19両に達し、新たな時代の到来を実感できます。

【諸元】
登録番号:つくば200か・847
年式:2018
型式:2SG-HL2ANBD
機関:A05C-K1(5123cc 260ps/2300rpm)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ