関東鉄道 2137MT


関東鉄道 2137MT/三菱TKG-MK27FH+三菱ふそうバス製造

2017年に投入された自社発注車です。
2012年式の2037MTを皮切りとして投入が続く
本型式の恐らく最終ロットになるであろう3両が
2017年式の2136MT・2137MT・2138TCです。

前ロットの、2015年から2016年に投入された
2015年式の2112MT・2113MT・2114MTの3両、
及び、2016年式の2115RG・2116RGの2両の、
計5両と比べ大きな特徴として挙げられるのが
標準仕様ノンステップバス認定制度における
2015年以降標準仕様への改正に対応したことで
そのステッカーが緑色から桃色のものに変わり
その点が強く目を惹くところとなっています。

当該改正では、ベビーカーを折りたたまずに
乗車できるようにするフリースペースの設定が
重点の一つとされて、それに対応した証として
前面行先表示機の左側ににベビーカーマークが
貼りつけられたことも外観上目立つところです。
その他、側面行先表示機が2063MK以降の変更を
踏襲し中扉直後に設置されたことも特徴です。

そして、外観上ではあまり目立たないながらも
給油口が左側面から右側面へと動いています。
これは燃料タンクの右側への移設に拠るもので
車内に目を向けると右側前輪タイヤハウス後方に
燃料タンクにあたる床が一段高い部分があります。

従って座席配置はこれまで通りメーカー設定の
ラッシュ型配置ながらも横向き座席が廃されて
左側前半が前向き1人掛2列、そこから中扉を挟み
左側後半が前向き1人掛2列と前向き2人掛1列で、
右側は前向き1人掛6列と前向き2人掛1列とされ、
前述の一段高い部分はこのうち1・2列目にあたり
また、うち3・4列目は折畳座席とされています。
前輪タイヤハウス上の座席は左右共に廃されて、
車椅子の固定方法も巻取ベルトに変っています。

車椅子スロープは引き続き引き出し式のままで、
中戸前方に掃除用具の収納箱が設置されました。
これは恐らく、これまで掃除用具を置いていた
最後部座席の後方の空間が、メーカーを問わず
殆ど無くなってしまったからだと思われます。

前回のモデルチェンジ以来、20年以上が経過し
三菱の中型車が今後どうなるか気になりますね。

【諸元】
登録番号:水戸200か1791
年式:2017
型式:TKG-MK27FH
機関:6M60T3(7545cc 220PS/2200rpm)
ホイールベース:4.34m

広告
カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9408TR


関東鉄道 9408TR/いすゞKL-LV280L1+いすゞバス製造(ERGA)

京成バス中古車で京成時代の社番は2255です。
2003年に市川営業所へ投入されて以来、長らく
市川営業所管内で活躍し、廃車後は関鉄へ移籍、
2016年に9408TRとして取手営業所へ配置されて
新天地の取手営業所にて活躍をはじめています。

京成では2001年式までワンステップ車については
基本的にリーフサスペンションとなっていましたが、
2002年式からはメーカーのラインナップ変更を受け
エアサスペンションが採用されるようになりました。
また京成ではそれと同時にワンステップ車の場合も、
長沼営業所花見川車庫、及び、船橋営業所茜浜車庫へ
投入された車を除いて扉配置が中引戸になりました。

なおツーステップ車の場合、均一制毎払い運賃である
金町営業所、及び、江戸川営業所に投入された車は
扉配置が基本的に中四枚折戸とされてきましたが、
両営業所は2002年以降ノンステップ車の投入が続き
当然ながらこれらの扉配置は中引戸となっていました。

このうち、いすゞバス製造製車体を架装する車では
2002年式は前扉直後の側面窓が逆T字窓ですが、
2003年式からは羽目殺しの一枚窓へと変更され、
この車もこの部分が外観上の特徴となっています。
関鉄へ移籍した車では前者に2002年式の9388TC
また後者については2003年式の9395TR・9396YT・
9398MK・9408TR・9425ED・9426TR、及び、
2004年式の9423ED・9424EDが該当しています。

更にこの車は塗装にも大きな特徴が見られます。
移籍に際し塗装は低床塗装に変更されましたが、
どういう訳か前輪タイヤハウスより前方の裾部まで
ストライプが延長され青磁色ではなく浅葱色とされ
この部分だけはツーステップ車で採用されている
一般塗装のような仕上がりとなっていることです。
左側面は前扉があるため、あまり目立ちませんが
右側面はよく目立ち、強い違和感を発しています。

213FH000010

関鉄では移籍に際して、傘下の関鉄自動車工業で
必要な改造を施しているのはよく知られていますが
塗装の変更は県内外の業者に外注されることもあり
この塗装は外注によるものなのでしょうね。

市川営業所や千葉営業所に配置されていた同型車は
関鉄に計8両が投入され、よく見かける存在ですが、
特に3両が配置された取手営業所ではよく見ますね。

214FH020017t

213FH000008t

【諸元】
登録番号:土浦200か1446
年式:2003
型式:KL-LV280L1改
機関:8PE1-N(9880cc 240ps/2100rpm)
ホイールベース:4.8m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 2147RG


関東鉄道 2147RG/いすゞQSG-LV234N3+J-BUS(ERGA)

関鉄が2017年に投入した自社発注の大型車のうち、
2141MT・2142MK・2143YT・2144TR・2145TR・
2146TC・2147RGの7両は、2016年に投入された
2101MT・2102MK・2103TR・2104TC・2105RGの
5両に続いてハイブリッド車が選択されています。

基本的な仕様は2016年式の5両を踏襲していますが、
関鉄では2017年式からヘッドライトがロービームのみ
LEDバルブの小糸製作所製4LEDRSB-2-24に変更され
これが外観上の変更点となっているのが特徴です。

小糸製作所は2015年に我が国で初めて24V車専用の
角型4灯式LEDヘッドランプユニットの販売を開始し
ロー用の4LEDRSB-2-24とハイ用の4LEDRSB-1-24を
ラインナップしていますが実際は経済性の観点から
ロービームのみ採用する事業者が多いようですね。

車内では、今年度ICカードに対応する予定である
水海道営業所・竜ヶ崎営業所に投入された車のみ、
中扉付近にICカードR/W設置用の台座があります。

一方でこれらの運賃箱は小田原機器製RX-NZSで、
これは、2139RG・2140RGも同様となっています。
もちろんクラリオン製のLCD表示器CM-2654Aや、
泰平電機製の音声付ドアチャイムNCB-4などは、
全て近年の関鉄の標準的な仕様を踏襲しています。

なお、後方にはバッテリーユニットが設けられ
それに伴って、座席配置が変更されているのは
ハイブリッド車ならではの大きな特徴といえます。

また運転席周りでは2016年式の5両と同じように
イートン製AMTのボタン式シフトスイッチの他に
クラッチに代わりアイドリングストップシステムの
エンジン再始動ペダルがよく目を惹くところです。

関鉄路線車のフラッグシップとして活躍している
これらハイブリッド車はイベントでの代用貸切でも
頻繁に登場しており、集合する機会も多くあります。

【諸元】
登録番号:土浦200か1552
年式:2017
型式:QSG–LV234N3
機関:6HK-TCC(7790cc 260ps/2400rpm)+HB1(44kW)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ