関東鉄道 9443YT


関東鉄道 9443YT/いすゞPK-HR7JPAC+J-BUS(ERGA J)

京成バス中古車で京成時代の社番は2261です。
2005年に市川営業所へ投入された2261・2262は
日野レインボーHRのOEMであるいすゞエルガJで
2261は2016年に廃車となった後、関鉄へと移籍し
2017年に、つくば中央営業所へ投入されました。
エルガJは販売台数が少ないため貴重な存在です。

レインボーHRは2004年のマイナーチェンジにて
エンジンは出力軸が車軸に並行する横置きから、
出力軸が車軸に直交する縦置きへと変更されて、
後方のデッドスペースが大分小さくなりました。
これによって床面積が座席1列分広げられたほか、
側面窓最後方の目隠し部分がなくなっています。
併せてエンジンが自然吸気の直列6気筒7.961lから
ターボチャージャー及びインタークーラー付きの
直列5気筒6.403lへと小排気量化が図られました。

また、新短期排出ガス規制への適合を図るべく
その他にメーカーでは「DPR」と名付けられた
ディーゼル微粒子捕集フィルターも装備されて
排気ガス中の粒子状物質を抑制していますが、
フィルターを搭載した初めてのモデルゆえか、
再生の手間で、手を焼くこともあったようです。

外観では前述の後部の窓割の変更が目立つほか、
開口部が左側側面だけになり面積も減ったこと
それに伴いテールランプが下方へと動いたこと
給油口が後輪前方から後輪後方へと動いたこと
そして非常口が中央から後方へと動いたこと等
変更点は意外と多くありなかなか興味深いです。
また塗装は側面窓周囲の黒色塗装が省略されて
前述の非常口の移動がより目立つ仕上がりです。

車内は殆ど京成時代のままとされ内張りは白灰色、
床が通路部のみ滑り止め付きの濃緑色の床材張り、
それ以外は平滑な濃緑色の床材張りとされました。
座席配置は左側は、前半が前向き1人掛3列とされ
後半が前向き1人掛1列と前向き2人掛2列とされて
前述の通り後半の座席が1列増えたのが分かります。
なお前輪タイヤハウス上の座席は省略されています。
右側は前向き1人掛7列に前向き2人掛2列とされて、
こちらも1列増え、うち3〜6列目は折畳座席です。

全国的に希少な車種として今後の活躍に期待です。

【諸元】
登録番号:つくば200か・731
年式:2005
型式:PK-HR7JPAC
機関:J07E-TC(6403cc 225PS/2700rpm)
ホイールベース:5.58m

広告
カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

日立電鉄交通サービス 水戸22あ1416


日立電鉄交通サービス 水戸22あ1416/日産ディーゼルU-UA440LSN+富士重工業(7E)

1991年に投入された大型車の1412~1417の6両は
自社発注車としては、大型車の投入は1986年以来で
その後、大型車の投入は2012年式の1320まで空きます。
配置は1412が高萩営業所、1413が神峰営業所、そして
残る1413~1417が日立南営業所とされていました。
日立電鉄は、かつての親会社である日立製作所をはじめ
沿線の工場等への人員輸送を担っていたこともあって、
収容力を重視した大型車を継続的に投入していました。

1984年式の日産ディーゼルP-U32Lの722~727の6両、
1986年式の日野P-HT235BAの941・943・983の3両、
および、日産ディーゼルP-U32Lの981・982の2両や、
いすゞP-LV314Lの984、1両などがそれにあたりますが
これらは非冷房であったことが祟り短命であったようで
同時代の車としては残念ながら記録が少ないようです。

仕様は941・943・983、981・982及び984を踏襲して
扉配置が中四枚折戸となっていることが特筆されます。
現代一般的なワンマンバスにおける中四枚折戸仕様は
西日本鉄道を皮切りとして九州地方から普及していき、
関東地方においては1984年開業のグリーンシャトル等、
都市新バスシステムに対応した専用車投入を契機として
南関東地方の前乗り均一制のエリアで普及しましたが、
日立電鉄はこのような南関東地方での普及よりも早い
1980年代前半から中四枚折戸を採用していました。

その他、外観では灰色地に紺色・薄紫色・桃色を配す
旧塗装がなんといっても目を惹くところである他にも
バス協テールが配されたシンプルな後面も魅力的です。
屋根上にはデンソー製クーラーのエバポレーターの他
丸型の通風機が前後に一基ずつ配されています。

内装は座席配置が肘掛つきの横向き座席を両側に配す
三方シートであることがなんといっても目を惹きます。
タイヤハウス部分の座席は座面が薄くなっています。
内張りは上半分白褐色・下半分薄茶色とされています。
床材は通路部が滑り止めの突起付き、それ以外は平滑な
濃緑色の床材張りで木床が一般的な当地では出色です。
座席表皮は茶色地に縞模様が入るものとなっています。
ストラップが二本ある吊り革も当地では珍しいですね。

日立電鉄はまた、かつての親会社、日立製作所の影響で
ワンマン機器の独自性が非常に強いことも特筆されます。
日立神奈川マニュファクチャリングソリューションとの
共同開発により2007年10月から採用されたIC整理券は
その最たるところで、独自の整理券発行機を搭載する他、
運賃箱は小田原機器製RX-NZながら独自のICカードR/W、
IC整理券R/W、残額モニタ、操作用ディスプレイなどを
磁気カードR/Wを撤去せずに後付けして対応しています。

放送装置は、分野限定合成の音声合成放送装置ではなく、
最近徐々に採用が増えている単位選択合成のものですが、
他社では採用事例がないと思われるアルファデータ製です。
音源はレシップ製の音声合成放送装置でも採用例のある、
日立産業制御ソリューションズ製の美音工房のようです。

現存するのは6両中1415・1416となってしまいましたが
日立電鉄の伝統を色濃く残す車として活躍しています。

カテゴリー: 日立電鉄 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9339HS


関東鉄道 9339HS/日野KC-RJ1JJCK+日野車体(Rainbow)

京成バス中古車で京成時代の社番は4575です。
1997年、幕張ベイタウン線の運行開始に際して
船橋営業所茜浜車庫へ投入された4574・4575は
ワンステップ仕様の日野中型車とされました。
塗装は茜浜車庫らしくカモメカラーと称される、
白色地に青色の三角形とカモメのイラスト、そして
「KEISEI」のロゴを配した塗装を纏っていました。

廃車後、2011年に2両とも関鉄への移籍を果たして
4574は関鉄パープルバス下妻本社営業所P017となり
4574は関東鉄道潮来営業所波崎車庫9339HSとなり
それぞれ、新天地での活躍を開始しました。

塗装は低床塗装となりましたが、先行して移籍した
元は船橋営業所花輪車庫4568であったP014と同様に、
側面窓周囲の黒色塗装を省略し軽快な仕上がりです。
但し、関鉄本体向けということで前面及び側面に
「ONESTEP」のロゴが入れられたのが特徴です。

車内は同時期の京成としては標準的な仕様とされ、
車椅子固定場所が茶色石目調の平滑な床材張りで
それ以外が濃緑色の滑り止め付きの床材張りとされ
薄茶色一色の内張りも今や少し懐かしさを感じます。
座席は樹脂製フレームのものとなっているのが特徴で
更に座席表皮が青色の格子柄なのもP017と共通です。

元々海沿いで長く活躍していたのが災いしたのか、
P017は2014年にP022に代替されてしまいましたが
こちらは引き続き海沿いでの活躍を続けています。

【諸元】
登録番号:水戸200か1150
年式:1997
型式:KC-RJ1JJCK
機関:J08C(7961cc 215ps/2900rpm)
ホイールベース:4.49m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ