ジェイアールバス関東 L427-02510


ジェイアールバス関東 L427-02510/日野KK-HR1JKEE+日野車体〈Rainbow HR〉

東急バス中古車で東急時代の社番はM349です。
2002年に目黒営業所へと投入された中型車で、
廃車後はジェイアールバス関東へと移籍して
2015年にまず中央道支店に配置されましたが
同年中には西那須野支店へと転属しています。

2017年には長らく、同社の車両称号で言えば
4型、即ち、室内長7,8mm以上8,6m未満の車が
配置されていなかった水戸支店へと転属して
当地において注目を浴びる存在となりました。

現在、この水戸支店が担当している一般路線は
城東車庫~水戸駅~赤塚駅間の水都東線のみで
その水都東線も、本数の上では圧倒的に優位な
茨城交通の23系統との競合に晒されているため
乗客数は平日朝夕であっても少ない状態が続き
こうした中型車でも、特に問題はないようです。

外観では移籍に際してバンパー上に追設された
白色LEDのデイライトが目立つところですが、
他はロービームのみLEDバルブ化されたことと
LED行先表示器がオージ製からレシップ製へと
換装されたことが気になる程度となっています。
側面窓や後面窓のサイズに合わせて貼付された
大洗磯前神社の広告ステッカーも目を惹きます。

車内もほとんど東急時代のままの姿とされていて
上半分象牙色・下半分明緑色とされた内張りも
東急では長年にわたり採用されてきたものです。

座席配置も東急時代のままで乗降口側の前半が
前向き1人掛が1列と横向き3人掛とされており、
中扉より後半が前向き2人掛2列となっています。
非常口側は前向き1人掛5列に前向き2人掛2列で
3・4列目は車椅子の固定に備えた折畳座席です。
後部に大きなデッドスペースをもつこともあり
他社製の9m級中型車と比べ座席は少なめです。

座席表皮は前向き座席は全て水色の柄物ですが、
横向き座席は、背面が水色の柄をベースとして
黄色と銀色のピクトグラムを配したものに対し
座面は薄赤色の柄物と、背面と座面とで異なり
結果的に非常に目立つ仕上がりとなっています。
座面の方は、移籍後に交換されたのでしょうか。

カテゴリー: ジェイアールバス関東 | コメントをどうぞ

交通画報Vol.5(コミックマーケット95)

コミックマーケット95当選しました。
3日目(12月31日)西地区か19b「インフラ研究会」です。

今回頒布致します冊子「交通画報Vol.5」(A5版24p)は、
「関鉄グリーンバス下妻本社営業所① 過去篇」と題しまして、
関鉄パープルバス下妻本社営業所の一般路線車のうち
近4年間(2014年以降)に廃車となった車を概説致しました。
頒布価格は600円とさせていただいております。
既刊も含めた頒布物の一覧は以下の通りです。

交通画報Vol.2 既刊(A5版32p 800円)
交通画報Vol.3 既刊(A5版28p 700円)
交通画報Vol.4 既刊(A5版24p 600円)
・交通画報Vol.5 新刊(A5版24p 600円)

当日は売り子としてサークルスペースにおりますので、
是非とも足を運んで頂ければ幸いに存じます。
当日の状況は、Twitterにて適宜告知したいと思います。
おいでの際はお声をお掛け頂ければと思います。

カテゴリー: イベント情報 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9488TC


関東鉄道 9488TC/いすゞPJ-LV234N1+J-BUS(ERGA)

東京ベイシティ交通中古車であり旧社番は1072です。
ベイシティでは2001年に投入された1027を皮切りに
続く2003年には1028・1033・1034の3両が投入され、
更に2004年には1041・1042の2両が投入されるなど、
ワンステップ仕様の大型車を主力とし増備しながらも
ノンステップ仕様の大型車を続々と投入していきます。

その後も2005年には8両、2006年にも8両が投入され、
うち2006年式後期ロット1072~1075のうちの1両が
この1072で、廃車後に関鉄へと移籍を果たしており、
2018年に9488TCとして土浦営業所へ配置されました。
なお当車以外にも関鉄には前述の1027がG076として、
また2005年式である1050・1053・1054がそれぞれ、
9465TC・9466TC・9467RGとして移籍しています。

外観上の特徴となっているのが屋根上に設けられた
サーモキング製パッケージクーラーで従来と異なり
中型車用と似た外観となっているのが目を惹きます。
またヘッドライトが上方の、ロービームのみながら
ベイシティ時代にLEDバルブへと換装されています。

また「標準仕様ノンステップバス認定制度における
2005年以降標準仕様への改正」の反映がなされた、
国土交通省認定ノンステップバス標準仕様を採用し
ベイシティ時代にはそれを示す緑色のステッカーが
貼付されていたものの、現在は剥がされています。

この「標準仕様ノンステップバス認定制度における
2005年以降標準仕様への改正」への対応によって、
車内は内張りが灰色、床が濃灰色の平滑な床材張り、
握り棒は橙色の緩衝材巻きとなる無難な仕様とされ
座席配置については、左側前半が前向き1人掛1列と
横向き2+2人掛、同後半が前向き2人掛4列とされて
右側は前向き1人掛5列・前向き2人掛4列でそのうち
2〜5列目は車椅子固定用の折畳座席とされています。

座席表皮は、優先席が青色を地色とし水色の文字で
「PRIORITY SEAT」の英字が入れられたものとされ
他は青色を地色とする紺色のチェック柄をベースに
黄緑色・青緑色・灰色・紺色及び水色の水玉模様が
散りばめられたものとなっており、目を惹きます。

このように仕様面では新車と遜色ない中古車が増え
世代交代が着実に進んでいることを実感しますね。

【諸元】
登録番号:土浦200か1643
年式:2006
型式:PJ-LV234N1
機関:6HK1-TCC(7790cc 260ps/2700rpm)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | 1件のコメント