関東鉄道 9488TC


関東鉄道 9488TC/いすゞPJ-LV234N1+J-BUS(ERGA)

東京ベイシティ交通中古車であり旧社番は1072です。
ベイシティでは2001年に投入された1027を皮切りに
続く2003年には1028・1033・1034の3両が投入され、
更に2004年には1041・1042の2両が投入されるなど、
ワンステップ仕様の大型車を主力とし増備しながらも
ノンステップ仕様の大型車を続々と投入していきます。

その後も2005年には8両、2006年にも8両が投入され、
うち2006年式後期ロット1072~1075のうちの1両が
この1072で、廃車後に関鉄へと移籍を果たしており、
2018年に9488TCとして土浦営業所へ配置されました。
なお当車以外にも関鉄には前述の1027がG076として、
また2005年式である1050・1053・1054がそれぞれ、
9465TC・9466TC・9467RGとして移籍しています。

外観上の特徴となっているのが屋根上に設けられた
サーモキング製パッケージクーラーで従来と異なり
中型車用と似た外観となっているのが目を惹きます。
またヘッドライトが上方の、ロービームのみながら
ベイシティ時代にLEDバルブへと換装されています。

また「標準仕様ノンステップバス認定制度における
2005年以降標準仕様への改正」の反映がなされた、
国土交通省認定ノンステップバス標準仕様を採用し
ベイシティ時代にはそれを示す緑色のステッカーが
貼付されていたものの、現在は剥がされています。

この「標準仕様ノンステップバス認定制度における
2005年以降標準仕様への改正」への対応によって、
車内は内張りが灰色、床が濃灰色の平滑な床材張り、
握り棒は橙色の緩衝材巻きとなる無難な仕様とされ
座席配置については、左側前半が前向き1人掛1列と
横向き2+2人掛、同後半が前向き2人掛4列とされて
右側は前向き1人掛5列・前向き2人掛4列でそのうち
2〜5列目は車椅子固定用の折畳座席とされています。

座席表皮は、優先席が青色を地色とし水色の文字で
「PRIORITY SEAT」の英字が入れられたものとされ
他は青色を地色とする紺色のチェック柄をベースに
黄緑色・青緑色・灰色・紺色及び水色の水玉模様が
散りばめられたものとなっており、目を惹きます。

このように仕様面では新車と遜色ない中古車が増え
世代交代が着実に進んでいることを実感しますね。

【諸元】
登録番号:土浦200か1643
年式:2006
型式:PJ-LV234N1
機関:6HK1-TCC(7790cc 260ps/2700rpm)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東自動車 宇都宮200か653


関東自動車 宇都宮200か653/いすゞU-LV324N+アイケイコーチ(Cubic)

京浜急行電鉄中古車で京急時代の社番はM1315です。
京急では1983年よりスーパーワイドドアと呼ばれる、
両引戸の中扉をもつ車を、主に大森営業所へ投入し
非常に特徴的な仕様として、注目を浴びていました。

四枚折戸より開口幅が大きくステップも大きくとれ、
工業地帯でのラッシュ時の輸送に貢献していました。
しかし、1996年から一般的な四枚折戸へと移行して
スーパーワイドドアの採用は途絶えてしまいました。
またスーパーワイドドア仕様の車の場合は基本的に
ホイールベースが5.5mクラスの長尺を選択しており
輸送力が確保されていたのも特徴となっていました。

ただこのような地方部では、比較的使い勝手が悪い
特殊な仕様が災いしてか中古車として放出されても
国内で路線車として活躍する例は、限られています。
ただ関東自動車では前乗り前降り運賃後払いのため
中扉を使う機会が非常に少ないことが幸いしたのか
2005年に本型式のスーパーワイドドア仕様の車が、
1992年式2両と1993年式6両の計8両投入されました。

外観では個々の幅も独特な中扉と戸袋窓が目立つ他
一般低床仕様ながら標準床と同じ車体としたために、
ホイールアーチ上部の形状が真円状なのも特徴です。
屋根上の通風機や後面のテールランプの配置などは
当時の京急としては、標準的な仕様となっています。

車内も同様に上半分白色・下半分灰色の内張りの他
灰茶色石目調の平滑な床材が張られている床なども
前半が横向き座席主体、後半が前向き2人掛け主体の
立席スペースと座席数の確保を両立した座席配置も
当時の京急の標準的な仕様で事業者の色を感じます。

こうした事業者毎の独自色がまだ強かった頃の車が
まだまだ活躍を見せる関東自動車ではありますが
裏を返せば、みちのりホールディングス傘下の今も
経年車を多く抱えざるをえないことの証左でもあり
それゆえに稼働車両の確保には苦労している様子が
運用や整備の状況などからも察することができます。
大都市部でも車の使用年数を伸ばす事業者が増えて、
中古車での代替も一筋縄ではいかないのでしょうね。

カテゴリー: 関東自動車 | 2件のコメント

関鉄グリーンバス G5083


関鉄グリーンバス G5083/いすゞ2KG-LR290J3+J-BUS(ERGAmio)

かすみがうら市が主体となって運行がなされている
コミュニティバス「霞ヶ浦広域バス」専用車として
2018年に担当する石岡営業所へと投入された車です。
従来「霞ヶ浦広域バス」でもっぱら運用されてきた
G005G015に対して、需要の増加に対応する形で、
中型車へとレベルアップが図られ、注目されます。

なお、関鉄グリーンバス・関鉄パープルバスでは
2018年5月より社番の付番体系が変更されており、
従来、分社化以降に独自に投入した車はG001~と
付番されていたものがG5001~と移行しています。
同様に関鉄パープルバスはP6001~となりました。
ただし、関鉄本体からのリース車並びに転籍車は
引き続き0001~もしくは9001~となっています。

外観では、上半分水色・下半分白色を地色として、
赤色の模様が入った独自の外装が目を惹きますが、
前面行先表示器脇の車椅子マークが電照式となり、
ヘッドライトのロービームがLEDとなったことは、
関鉄本体の2018年式自社発注車と共通しています。

車内は関鉄本体の自社発注車と差別化されており、
特に無料無線LANサービスが提供されていること、
USBコンセントが設置されたことは、画期的です。
後者については座席背面や仕切りにレシップ製の
バス車載用USB充電器USB-7R5B124-004を設置、
2087MT以降の高速車に付く2極コンセントとは
異なる仕様で、他車に波及するのか注目されます。

灰色の内張りや、濃灰色石目調の床材張りの床は
関鉄本体の自社発注車と共通となっていますが、
座席配置はメーカー設定の郊外Ⅱ型とされたため
左側前半前向き1人掛2列、後半前向き2人掛3列、
右側は前向き1人掛1列・前向き2人掛7列とされて、
4・5列目は2人掛ながら折畳座席となっています。
右側前輪タイヤハウス上に座席が設けられたことも
関鉄本体の近年の自社発注車と異なるところです。

座席表皮は2170MT以降の自社発注車とは異なり
2005TR以降で採用されていた派手な柄物とされ
どちらかというと、明るい印象となっています。

土浦協同病院の移転もあり乗客数を伸ばしている
「霞ヶ浦広域バス」ですが、新たな専用車投入で
さらに乗客数が増加することを期待したいですね。

【諸元】
登録番号:土浦200か1652
年式:2018
型式:2KG-LR290J3
機関:4HK1-TCH(5193cc 210PS/2400rpm)
ホイールベース:4.4m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ