関東鉄道 2147RG


関東鉄道 2147RG/いすゞQSG-LV234N3+J-BUS(ERGA)

関鉄が2017年に投入した自社発注の大型車のうち、
2141MT・2142MK・2143YT・2144TR・2145TR・
2146TC・2147RGの7両は、2016年に投入された
2101MT・2102MK・2103TR・2104TC・2105RGの
5両に続いてハイブリッド車が選択されています。

基本的な仕様は2016年式の5両を踏襲していますが、
関鉄では2017年式からヘッドライトがロービームのみ
LEDバルブの小糸製作所製4LEDRSB-2-24に変更され
これが外観上の変更点となっているのが特徴です。

小糸製作所は2015年に我が国で初めて24V車専用の
角型4灯式LEDヘッドランプユニットの販売を開始し
ロー用の4LEDRSB-2-24とハイ用の4LEDRSB-1-24を
ラインナップしていますが実際は経済性の観点から
ロービームのみ採用する事業者が多いようですね。

車内では、今年度ICカードに対応する予定である
水海道営業所・竜ヶ崎営業所に投入された車のみ、
中扉付近にICカードR/W設置用の台座があります。

一方でこれらの運賃箱は小田原機器製RX-NZSで、
これは、2139RG・2140RGも同様となっています。
もちろんクラリオン製のLCD表示器CM-2654Aや、
泰平電機製の音声付ドアチャイムNCB-4などは、
全て近年の関鉄の標準的な仕様を踏襲しています。

なお、後方にはバッテリーユニットが設けられ
それに伴って、座席配置が変更されているのは
ハイブリッド車ならではの大きな特徴といえます。

また運転席周りでは2016年式の5両と同じように
イートン製AMTのボタン式シフトスイッチの他に
クラッチに代わりアイドリングストップシステムの
エンジン再始動ペダルがよく目を惹くところです。

関鉄路線車のフラッグシップとして活躍している
これらハイブリッド車はイベントでの代用貸切でも
頻繁に登場しており、集合する機会も多くあります。

【諸元】
登録番号:土浦200か1552
年式:2017
型式:QSG–LV234N3
機関:6HK-TCC(7790cc 260ps/2400rpm)+HB1(44kW)
ホイールベース:5.3m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9429TR


関東鉄道 9429TR/日野KL-HU2PMEK+日野車体(BlueRibbonCity)

京成バス中古車で京成時代の社番は4406です。
2003年に船橋営業所花輪車庫へと投入された、
4405~4411、及び、4852~4856の11両は共に
ホイールベース5.2mの標準尺ワンステップ車で
扉配置は中四枚折戸ではなく中引戸となります。
京成では2002年式より、ワンステップ車の場合
長沼営業所花見川車庫、船橋営業所茜浜車庫に
新製配置された車以外は中引戸となりました。

従って、同じく標準尺のワンステップ車である
2002年に船橋営業所花輪車庫へと投入された、
4596~4598の3両、及び、前述の7両と同じく
2003年に長沼営業所草野車庫へと投入された
N469~N472、N474~N475の6両も中引戸で、
2000年に投入された4579・4580の2両、及び、
2001年に投入された4588・N460の2両との
仕様上の大きな差異とみなすことができます。

4406は2012年に船橋営業所花輪車庫閉鎖及び
習志野出張所新設により習志野出張所へ移管、
車番を0406と改めて、活躍を続けてきました。
2016年に9429TRとして取手営業所へ配置され
元4411の9428TR、元N470の9430TR、そして、
元4856の9431TRと共に同所で活躍しています。

外観は当然ながら低床塗装へと改められており、
ライトベゼルが移籍時に黒色に変更されている
9428TR・9430TR・9431TRに対して当車のみ
ライトベゼルが銀色のままなのが特徴です。

車内はほとんど京成時代のまま運用されており、
内張りは落ち着いた印象の灰色とされている他、
床は通路部が滑り止め付きの濃緑色の床材張り、
それ以外が平滑な濃緑色の床材張りという具合に
2002年式以降の京成の標準的仕様とされています。

座席配置についても京成時代のままとされており
まず左側前半が前向き1人掛1列と横向き1+2人掛、
中扉より後半が前向き1人掛2列と前向き2人掛2列、
また右側が、前向き1人掛7列と前向き2人掛2列で
うち4・5列目については折畳座席とされています。
また5列目の後に車椅子固定用スペースがあります。
座席表皮は全席が薄青色地の派手な柄ものです。

降車釦はオージWS-220・WS-240とされており、
握り棒も、乗降口付近は黄色の緩衝剤巻きのまま、
他は、黒色の緩衝材巻きのままとなっています。

取手営業所に集中配置されている同型車ですが、
他の営業所への配置も期待したいところですね。

【諸元】
登録番号:土浦200か1517
年式:2003
型式:KL-HU2PMEK
機関:P11C-TI(PT-I)(10520cc 250ps/2100rpm)
ホイールベース:5.2m

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ

関東鉄道 9394TC


関東鉄道 9394TC/三菱KK-MK25HJ+三菱バス製造(Aero Midi)

京成バス中古車で京成時代の社番は7362です。
流山市コミュニティバス「流山ぐりーんバス」の前身、
流山市福祉バス「流山市内循環バス」の専用車として
2001年にこれを担当する松戸営業所へ投入された車です。
2005年に「流山ぐりーんバス」が開業したこともあり、
同年開業したアートグレイス・ウェディングコーストの
特定車に転用され船橋高速貸切センターへと転入して
KaNaC塗装から青色主体の専用塗装に変わりました。

京成バスシステムに移管されKS-7362に改番された後、
2014年に廃車となって関鉄へと移籍することとなり、
2015年に竜ヶ崎営業所へ9394RGとして配置されて、
白地に青帯とロゴが入れられた専用の外装に改められ、
東洋大牛久中高の特定車として運用を開始しました。

しかし高エネルギー加速器研究機構の特定車であった
1691TCを代替すべく2015年に投入された2085TCが、
固定シートである廉価グレードのM-Ⅰであったためか
リクライニングシートを持つ9394RGとトレードされ
京成グループカラ―へと改められて9394TCとして、
高エネルギー加速器研究機構の特定車となりました。

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構は
筑波研究学園都市の北部にあるつくばキャンパスと
日本原子力研究開発機構内にある東海キャンパスの
二つの拠点が存在し、この二拠点を結ぶバスである
「KEK業務連絡バス」が1日5往復運行されています。
このうち、3往復の中型車運用を担うのが当車です。

市街地の一般道を走っていた京成時代とは一転して
常磐自動車道を毎日疾走する運用をこなしており、
常磐自動車道で見掛けることの多い車です。

【諸元】
登録番号:土浦200か1416
年式:2001
型式:KK-MK25HJ
機関:6M61-3(8201cc 225PS/2900rpm)
ホイールベース:4.39m

広告
一部の読

カテゴリー: 関東鉄道 | コメントをどうぞ